伊豆のご旅行(家族旅行、記念旅行、カップル旅行)なら、伊豆長岡温泉ホテル天坊へ。|露天風呂|アロマエステ&アーユルヴェーダ|笑顔あふれる旅館

伊豆長岡ホテル天坊 ロゴ

   伊豆の温泉・ご旅行・ご宿泊なら、伊豆長岡温泉ホテル天坊へ
   3種の露天風呂、源泉掛け流し家族風呂、露天風呂付客室、アロマエステ、会議室
 EVを中心に配した施設はユニバーサルデザイン、どなたでも過ごしやすい快適空間です

お電話でもお気軽にお問合せください(月~土 9:00~20:00・日 9:00~18:00)

ヨイヨヤク 

055-947-4489

Email

yoyaku@izu-tenbo.com

パワースポット

三島大社

三島大社(手前舞殿、奥本殿)

三島大社

(伊豆長岡ホテル天坊より車で25分)

三島大社は三島市の中心部に鎮座し、大鳥居前の東西を旧東海道、南に旧下田街道が走る街の中心に位置しています。三島とは大島や三宅島など伊豆諸島を指し、主祭神は伊豆諸島の開拓神です。中世になると伊豆国の一宮(地域で最も社格の高い神社)として源頼朝や多くの武家から崇敬を集めました。

難しい話はここまで、三島大社は元大リーガーの松坂大輔が結婚式を挙げたことで有名になり、TBS系のドラマ「ごめんね!青春」の中で度々登場しました。

大鳥居側から境内に入ると春はソメイヨシノが咲き乱れ、とても綺麗です。総門を抜けて右側に神馬舎という木造の馬が祭られた舎があります。子供の頃この馬が怖くて近寄れませんでした。受験前になると絵馬に合格祈願を書いてたくさん奉納されています。その先の神門を抜けると右手に金木犀の巨木があります。樹齢は推定1200年で開花するととてもよい匂いが境内を包んでいます。さらにまっすぐ進むと舞殿、本殿と建物があります。三島市民を始め周辺の市町村の多くの方が、三島大社へ初詣で参拝しています。

本殿でお参りした後、帰り道を左手に行くと鹿がたくさんいます。子供の頃、鹿せんべいをあげて手を噛まれた想い出があり、大人になった今でもあまり近くに寄れません。神鹿園を抜けると宝物殿、名物となった福太郎茶屋と続きます。駐車場も広くとても便利です。

大鳥居から道を挟んだ所に、2013年12月に大社の杜みしまという商業施設がオープンしました。裏路地風の中に十数店の飲食店や雑貨店が入り、あの「みしまるくん、みしまるこちゃんグッズ」も購入できます。

三島大社 神鹿園

大社の杜

       神鹿園の鹿                   大社の杜

 

柿田川湧水群 泉

柿田川上流

柿田川湧水群

(伊豆長岡ホテル天坊より車で27分)

自動車がひっきりなしに通る国道1号線の脇に神秘の川「柿田川」の泉があります。柿田川は富士山の伏流水が湧き出る泉から狩野川に合流するわずか1.2kmの1級河川ですが、日量100万トンで「東洋一の湧水」言われています。

そして今、湧き出ている水は、15年程前に富士山に降った雪や雨なんです。

水温は1年中15℃程度です。子供の頃、柿田川の脇に町営プールがあり夏に入るとすごく冷たかったという想い出があります。その頃は川にざくざくと入ってモリで川魚を突いても大丈夫でした。今でも、ウグイやハヤ、夏は鮎もたくさん泳いでいます。そして、川底にはミシマバイカモという植物が自生しており、夏に水中で白い花を咲かせています。

初めて訪れた人は、街の真ん中に、どうしてこんな場所が、と必ず驚くパワースポットです。

ミシマバイカモ 柿田川

カワセミ 柿田川

    水中で咲くミシマバイカモ         運が良いとカワセミに出会えるかも

 

大瀬神社

大瀬神社(引手力命神社)本殿

大瀬岬

(伊豆長岡ホテル天坊より車で36分)

伊豆七不思議でも登場した大瀬岬。ここはパワースポットとしても有名です。684年に起きた大地震で海底が隆起してできたのが琵琶島です(大瀬崎の先端の部分)。同じ時期、土佐では地震で多くの土地が海底に沈みました。この土地を引手力命(ヒキテチカラノミコト)という神様がここへ持ってきたとして、大瀬神社に祀られています。

普通の神社は南か東を向くように建てられることが多いのですが、大瀬神社は東北を向くように建てられています。これは富士山の龍脈を受け止めるためと言われています。パワースポットと言われる由縁は、富士山から発したエネルギーが神池を龍穴として集まっているためで、社殿の前に立つと、人によっては手足がビリビリするくらいエネルギーを感じるそうです。 また、このあたり一体にはビャクシンが群生しており、特に御神木とされている「夫婦ビャクシン」には強いエネルギーがあるとされています。

縁結び、仕事運、健康運にご利益があるとされており、目標達成に力を貸してくれると言われています。大瀬崎をゆっくりと観光する秘訣は、夏の海水浴シーズンを避け、4~5月、9月~11月に訪れるのがよいでしょう。

大瀬 神池

御神木 夫婦ビャクシン

    伊豆七不思議の一つ神池            御神木「夫婦ビャクシン」

 

来宮神社 社殿 伊豆 熱海

来宮神社 社殿

来宮神社

(伊豆長岡ホテル天坊より車で37分)

和銅3年(710年)熱海湾で漁をしていた漁師が網に木の根にかかることが三度重なり、よく見るとその木の根は神像のようでした。漁師がその木を海辺の近くの松の下に祀ったところ、その夜の夢に五十猛命(イタケルノミコト)が現れ潮騒が耳障りであるとの神託を受け、現在の来宮へ遷祀されたそうです。木の根をご神体としたところから、木の宮、そして来宮となったようです。海岸近くでは漂流木をご神体としたキノミヤ神社は各地に点在しています。

来宮神社がパワースポットとして有名になったのは、推定樹齢2000年以上といわれる大楠があり、この木の周りを1週すると寿命が1年延びるとか、願いが叶うなどの信仰が数々のテレビ番組等で取り上げられたからでしょう。この大楠は昭和8年に天然記念物に指定されました。

もう一人の祀神、大已貴命(オオアナムジノミコト)は毎年10月、神々が出雲で開く縁結び会議の座長であることから、来宮神社は静岡県の3大縁結び神社の一つにもあげられています。 近くの伊豆山神社もこの縁結び神社の一つですから、良縁を願う人は縁結び神社のハシゴもいいかもしれません。

来宮神社の駐車場はあまり広くないので、満車の時は来宮駅の手前を下って直ぐの市営駐車場に停めて少し歩きましょう(坂道で少し疲れますが)。

天然記念物 大楠

来宮神社 お休み処

    天然記念物「大楠」              境内にあるお休み処「報鼓」